API/マッシュアップニュース

2013.11.21Google Maps JavaScript V2 延長サポート終了、下位互換機能を持たせた V3 の地図に自動的に切り替え

CATEGORY:仕様変更

20131121_googlemap_v2_eol

2013年11月19日、Googleはサポートが延長されていた Google Maps JavaScript V2 を正式に終了しました。
現在設置されている地図は下位互換機能を持たせた V3 の地図に自動的に切り替えられているという事です。
Google Maps JavaScript V2(非推奨) – Google Maps JavaScript API v2(サポート終了) — Google Developers

シンプルな地図については、表示される様ですが、
V3で提供されていない機能を利用している場合や、外部のライブラリを利用している様な場合は
地図が表示されなくなる事象が発生しています。

また、実際に動作を確認ができた事例として、
・javascriptを読み込む際のパラメタの「hl=ja」を「hl=en」に変更する事で、表記が英語になったものの、地図は表示された。
というものがありました。

その他にも不具合や、意図しない動作が発生、下位互換の提供終了なども考えられるため、
V3への移行が強く推奨されています。

滝本

blog.vish.co.jp