API/マッシュアップニュース

2009.03.29電子書籍に特化した情報を検索できる「hon.jp Webサービス」

CATEGORY:API紹介

13619987_400x300

携帯やPDAなどで閲覧できる環境が整ってきて、一般化してきた「電子書籍」。
「hon.jp Webサービス」では検索ワードから電子書籍に情報を取得する事ができます。

以下の様なリクエストからXMLで情報を取得します。
http://hon.jp/rest/2.1/URLエンコードされた検索キーワード(ない場合は「null」と明記)/自分のおともだちID/その他パラメータ

特徴的なのは、「作品名」や「著者名」、「ISBN」といった、書籍と同様の情報と合わせて
「購入先へのURL」「[動作ハードウェア」「動作ビューワーソフト」「電子書店名」「決済方法」
といった「電子書籍」に特化した情報が取得できる点です。

APIの解説ページでは一般書籍と電子書籍の違いについて、以下の様に書かれています。

hon.jp Webサービス(Ver.2.1)について
※電子書籍はデジタルコンテンツであるため、紙書籍(ISBN商品)のような1作品=1商品=1個体という物理的制約は存在しません。むしろ1つの作品は、電子書店・プラットフォームなどが異なる複数の電子書籍ファイルに派生するケースがほとんどです。プログラマーの方は、クラスとインスタンスの関係を想像いただくとわかりやすいかもしれません。作品(クラス)から、無数(∞)の異なる電子書籍ファイル(インスタンス)がネット空間上に生み出されているというイメージです。

さらに、4月中の公開を目指して「リアルタイムトラフィック監視メソッド」が社内でのテストフェーズに入っているという事で、
開発者の方へのフィードバックを求めています。

【hon.jp Webサービスユーザーの皆様にお知らせ】新APIに関して、フィードバックのお願い
「hon.jpリアルタイムトラフィック監視」メソッド(テスト版)
http://hon.jp/srch/k/ebk_rest_v2.php?uid=aOENZ00002&mode=jumplist
※「aOENZ00002」はテスト用おともだちID
 上記URLを10秒~1分毎にクリックしていただくとわかりますが、これはhon.jpサイト(および提携サイト)を使って電子書籍作品を参照しに行った、リアルタイムのユーザーログです。

自分の回りでは、電子書籍を活用している様な人はまだまだ多くないのですが、
こういったAPIを利用して「モバイルサイト→電子書籍購入→読書」という流れをシームレスに提供する様なサービスが増えてくると、利用者が増えてくるのではないでしょうか。

hon.jp Webサービス